芸能人の家族

【森七菜の家族構成】父親は焼き肉店の料理人?母親や弟との仲良しエピも

森七菜さんといえば、中学三年で芸能界入りを果たし、ブレイクした女優です。

今回は、森七菜さんの家族構成について見ていきたいと思います。

森七菜の家族構成まとめ

森七菜さんの家族構成はコチラです。

  • 森七菜さん

父親はというと、森七菜さんが小学生の時に両親が離婚しているため、現在は離れ離れのようです。

しかし、父親との関係は良好であるという事が森七菜さんの口から語られています。

なんでも母親、弟とはともに仲が良いとコメントされています。

森七菜の父親は焼肉屋の料理人?

森七菜さんの父親は、焼き肉屋を経営しているという噂があるようです。

父親が料理人であることは森七菜さん本人の口から語られています。

「沸騰ワード10取り憑かれた芸能人SP」という番組でそう話しています。

また、「お肉をお父さんに送ってもらう」と言っていたことからも、父親が焼き肉屋を経営していると言われる理由かもしれません。

しかし、この「焼肉屋説」には確たる証拠がなく、あくまで噂に過ぎないようです。

もしかしたら、肉料理メインのレストランを経営しているのかも知れませんね。

森七菜と母親の仲良しエピソード

森菜々 母

森七菜さんは母親と仲が良いそうです。

一般の方なので、写真やその他詳しい情報は公開されていませんが、森七菜さんは母親のことを「ななママ」と呼んでいるとか。

そんなお母さんとの仲良しエピソードはコチラです。

  1. 母親の手料理が大好き
  2. 母親と一緒に地元から東京を往復
  3. 母親に会えない寂しさをコメント
  4. 母親がインスタを投稿したことも

それぞれ確認していきましょう。

母親の手料理が大好き

また、森七菜さんは、母親の手料理が大好きなのだそうです。

特に思い出深い料理はハンバーグ、手巻き寿司、卵焼きとのこと。

映画「最初の晩餐」の公開インタビューでそう答えていたようです。

母親と東京ー大分間を往復

母親との仲良しエピソードはまだあります。

森七菜さんが芸の皇回デビューを果たした当時、森七菜さんは大分に住んでいました。

そして、仕事で東京に行くときは、母親が送り迎えをしてくれていたそうです。

母親に会えない寂しさ

そういう過程もあってか、仕事が忙しくなった現在では、母親に会えないことが少し寂しいと語っています。

そんな寂しさも込めて、小泉今日子さんの「あなたに会えてよかった」をカバーした、とのことです。

この曲を小泉さんが作詞されるときに、お父様のことを思って書いたというのを小泉さんから聞いて。なので、私も自分のために歌うんじゃなくて、誰かのために歌わなきゃと思って。1番はお母さんのことだけを思って歌いました。<そばにいれたねずっと>というラインには私は今高校3年生で、本当だった大分でもっとお母さんと一緒に入れたけどそれができてな寂しさを込めました。

引用:CINRA.NET

母親に会えなくて寂しい、とはっきり言えるくらい森七菜さんは母親と仲が良いのですね。

母親によるインスタ投稿

こちらは、森七菜さんの母親が投稿した写真のようです。

2人の仲が良い様子が伝わってきますね。

森七菜の両親は離婚していた

先ほど述べた通り、森七菜さんのご両親は森七菜さんが小学生の時に離婚しています。

それまでは、関西で暮らしていましたが、離婚の際に母親に引き取られ、母親の地元の大分に引っ越したようです。

両親は離婚しても、森七菜さん本人は父親とも仲が良いそうです。

森七菜さんは父親が大好き

中々会うことはできませんが、たまに父親と旅行することもあるとのコト。

また、森七菜さんは玉置浩二さんのメロディが好きだそうですが、理由は父親がカラオケでよく歌っていたからだそうです。

森七菜と弟は仲良しすぎる!エピソードも

森七菜さんは弟とも仲が良いようです。

森七菜さんの弟は5つ下ですが、逆に森七菜さんがお世話になっているとのこと。

例えば、以前焼肉に行った際は、この弟さんが森七菜さんのために肉を焼いていたとか。

また、弟さんは料理が上手らしく、たまに料理を作ってもらうこともあるそうです。

インスタのハッシュタグに「肩組んで歩いた」と入れているあたり、すごく仲が良いようです。

森七菜の実家のルールが謎すぎるw

家族全員が仲良しの森七菜さん一家ですが、そこには謎のルールも存在するようです。

なんと、実家での部屋着はドラゴンボールの道着でなければいけなのだそうです。

家族だけでなく、そのペットにも道着を着せているのだとか。

さらに来客にもドラゴンボールの道着に着替えてもらうらしいです。

森七菜のマネージャーもドラゴンボールの道着を着せられたw

森七菜さんのマネージャーが森七菜さんの家に行った際は、道着を着せられ、そのまま川の字で寝たとのこと。

森七菜さん曰く、「着ていないとお母さんに怒られる」のだそう。

一風変わったルールが存在するのですね。

 最後に

今回、森七菜さんの家族構成について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

離れていても、家族と仲が良いのは素晴らしいことです。

この様な、素敵で可愛らしい森七菜さんで居てほしいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。